ポイント

鉄塔近くの土地って大丈夫?知っておくべきポイント、メリット、デメリット

投稿日:

土地探しをしているときに「あれ、この土地周辺相場と比べて安いけどどうしてだろ?」と思って調べたら近くに鉄塔があったなんてことありませんか?

鉄塔の近くというと多くの人はあまり良いイメージを持っていないと思います。

しかし、鉄塔の近くの土地は周辺よりも安くなりやすいというメリットも持っています。

 

メリットと不安に思っているデメリットをキチンと理解すれば、鉄塔近くの土地を買うか買わないかという決断をすることができます。

そのためにはキチンと鉄塔に関する情報を知っておくことが大切です。

鉄塔の種類

鉄塔の種類は大きく分けて2種類あります。

  1. 送電用の鉄塔
  2. 電波用の鉄塔

赤と白で塗り分けられていたりするシンプルな骨組みだけの構造のものは、ほとんどが電気を送る電線「送電線」を支えるための送電鉄塔です。

 

電波用の鉄塔は鉄塔の上に丸い形のアンテナや棒状のアンテナが立っていて、人間が作業できる足場のある形のものが多いです。こちらは、携帯電話の電波を送受信するためのアンテナを設置するための鉄塔です。

 

鉄塔近くの土地のメリット

土地が安い

鉄塔近くの土地のメリットはなんと言っても「土地が安い」ことです。

場所にもよりけりなのでなんとも言えませんが、ほとんど周辺相場と変わらないところもあれば、周辺相場よりも1,2割安く買えるところもあります。

じゃあなんで土地が安くなるかというと、土地が安くなる理由としては、

  • 鉄塔が近くにあることで被害がある
  • 鉄塔が近くにあることで被害があると思う人が多い

という2つがあります。

 

実際にネガティブな原因があるだけでなく、ネガティブな原因があると思う人がいるだけで土地の値段は下がります。

ネガティブな原因と、不安を許容できる方は周辺相場よりも土地を安く購入することができます。

 

鉄塔近くのデメリット

ここからは鉄塔近くの土地のデメリットを紹介していきます。

健康面への影響

一番気にする人が多いのが健康面への悪影響です。

ネットで「高圧電線」「健康被害」「鉄塔」などのキーワードで検索するといろいろな情報が出てきます。海外の事例と日本の基準を比べて日本の基準が甘いと指摘しているところもあります。

海外の論文で鉄塔に架かっている高圧電線からの電磁波の健康被害が研究されていて、特にスウェーデンでは法律が厳しくなっています。

ただ、調べてみるとスウェーデンは国土が広いため日本よりも低い鉄塔を使っているので、スウェーデンで問題が起こっているのは鉄塔の低さが原因なのかもしれません。

 

もちろん日本でも研究をしてしっかり基準を作っています。

気になる方は一度、一般財団法人 電気安全環境研究所のホームページ「電磁界情報センター」を読んで、その後にいろんな記事を読んだ方が冷静に判断できるのでおすすめします。

海外の基準が気になる方は、海外と日本の基準を比較して考察したページが参考になります。

参考電磁界情報センター 電力設備からの電磁界(海外と日本の送電線の違い)

 

健康被害について独自に調査をした結果は、

  • 大きな問題になっていないので大丈夫
  • とはいえ中には体質的に敏感な人もいるかも

という結論になりました。

実際にある特定の高圧電流の鉄塔の近くや電波塔の近くで大量に同じような健康被害が出ているならすでに問題になっているはずです。

しかし、怖いのは「自分は大丈夫」と思っても住んでみたらダメだったという場合です。

それは電波や電磁界の影響かもしれませんし、健康被害が起きると考えてしまったことによる思い込みでの体調不良かもしれません。

 

健康被害に関してはなんとも言えないところが多いので、リスクの確認をしっかりしておきましょう。

 

放送電波への影響

地上波のアナログ放送のときは多少影響がありましたが、デジタル放送になってからは影響が出ないように工夫されています。

しかし、口コミを調べるとテレビがまったく映らないという人もいます。

鉄塔の高圧電線の電圧の強さや位置もよるので、鉄塔の近くなら必ず影響があるかと言われるとなんとも言えません。

ケーブルテレビのエリア内であれば、ケーブルテレビを利用すればまったく問題なくテレビを視聴することができます。

 

景観が悪くなる

鉄塔の近くは圧迫感があったり、威圧感があってなんとなく嫌です。

景色が狭くなりますし。

 

とはいえこれは個人の感想です。

中には鉄塔のある風景に慣れてしまって、見ると落ち着くという人もいます。

嫌だと思う人が多くいるというのであれば、それだけ土地が安くなりますし、数年後も同じ価値観のままだったら売るときも安くなるということです。

 

虫が発生する可能性も

鉄塔の下に雑草が生えますが、管理がしっかりされていないと雑草が伸び放題になります。

雑草が増えれば蚊などの虫が増える可能性も。

まあ、田舎なら鉄塔以外にも虫の発生に影響する要因はたくさんあるので気にならないかと思いますが、都会だと嫌ですよね。

草が伸び放題になっている場合は、鉄塔を管理している電力会社に連絡して対応してもらいましょう。

 

参考不動産実務TIPS 高圧線の下にある土地の評価と調査

参考電磁界情報センター

参考総務省 電波の人体に関する影響

参考日本鉄塔工業株式会社 鉄塔を知る

 

 

まとめ

こうして見るとデメリットの方が多い鉄塔の近くの土地選びですが、町並みを見ていると鉄塔の近くでも普通に住宅が建設されて、現時点で多くの人が住んでいます。

鉄塔の近くに住むことのデメリットやリスクをキチンと理解した上で納得して購入するのであれば、周辺よりもお得に買えるのが最大のメリットです。

 

-ポイント

Copyright© 土地選びナビ , 2021 All Rights Reserved.